経営審査事項とは

公共工事に入札するために必要な審査を受けなければなりません。

 

経営事項審査は【経営状況分析】と【経営規模等評価】に分かれています。

 

「経営状況分析」とは、事業者の経営状況についてみる審査制度です。企業の財務諸表などをもとにして、収益性や健全性などを計算し、点数を出します。申請は「登録経営状況分析機関」に対して行います。

 

「経営規模等評価」とは、工事の種類ごとに平均完成工事高や技術職員の数など経営の規模を判断、点数を出します。申請は建設業の許可をした行政庁に対して行います。大阪府知事許可をお持ちの場合は、大阪府知事に対して申請するということです。